ルテインが多い食材とは?知らないと絶対に損する3つの食材

目の健康キープに欠かすことができないルテイン。

 

「最近、何だかやたらと目が疲れる。」

 

「前よりもパソコンを長時間見ていられなくなってきた・・・。」

「目の乾燥とか、疲れがめちゃくちゃ気になる!」

 

そんな悩みがある人は、ルテインが足りていないのかも。

 

 

実は、私もルテイン不足がめちゃくちゃ気になっていた1人です。

 

ちょっと前まで、システムエンジニアとして、激務をこなす毎日。

 

ようやく結婚できたらと思ったら、子育てと仕事の両立がハード過ぎて、目はもちろん、心身ともにヘトヘト。

 

年齢と共に、目の疲れとか、乾きとかが、どんどん気になるようになってきちゃいました。

 

 

サプリメントで手軽にプラスするのも、オススメだけど、毎日の食事で賢くとれたら言うことなし!

 

目に良いイメージのあるブルーベリーだけど、実はブルーベリーにはルテインが含まれていないんです。

 

(ブルーベリーに含まれている目に効果のある成分はアントシアニン。)

 

じゃあ、ルテインって、どんな食材に多く含まれているの?

 

どうやったら手軽に食べられるの?

 

私が実際にやっている、オススメの食べ方まで紹介します。

 

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

 

野菜の王様はすごかった!

(出典:

https://www.241241.jp/lp/am005/pc/?r=true&sci_campaign=3761&utm_source=google&utm_medium=search&utm_term=general&utm_campaign=AM)

 

ルテインが多く含まれているのは、色が濃い緑黄色野菜。

 

結構、覚えやすいですよね♪

 

でも、その中でも、ケールはやっぱりすごかった!

 

他の緑黄色野菜と比べても、ずば抜けて、ルテインがたっぷり含まれています。

 

 

とは言え、ケールって、苦いイメージがあるし、調理の仕方が難しそう・・・。

 

私は意外とその苦味が好きだったりするので、サラダでもいっちゃったりします。

 

でも、普通のスーパーではなかなか手に入らないし、「苦いのは絶対にイヤー!」っていう人もいますよね。

 

そんな人には、スムージーにするのが、手軽でオススメ。

 

バナナとかハチミツとの相性が抜群で、苦味が全然気にならなくなります

 

我が家では、2歳と3歳の子どもたちも飲んでいます♪

 

 

スムージーを作ることさえ面倒くさい!

 

そんなズボラなあなたでも、大丈夫!

 

だって、そのために青汁があるんだもん。

 

市販の青汁は牛乳で割ると、めちゃくちゃ飲みやすくなります。

 

私の場合、疲れ目が気になっていて、かつ超激務だったシステムエンジニア時代は毎朝飲んでいました。

 

ケールは栄養価が高いから、美肌にも効果があります。

 

生ケールを続けるのが難しい人は、ぜひ青汁をお試しあれ!

 

脇役じゃもったいない!あの食材!

ケール並みにルテインを含んでいるのに、お皿の上では脇役。

 

というか、ただの彩りだと思っていて、食べずに残してしまう人も?!

 

栄養価が高いのに、ないがしろにされてしまいがちな存在のあの野菜。

 

そう!それは、パセリです。

 

 

パセリって、独特の香りと味がするけれど、ちぎってサラダにプラスすると彩りがキレイになるし、爽やかな香りがして美味しいんです

 

我が家では、千切りキャベツにもパセリのみじん切りをプラス。

 

揚げ物とか、生姜焼きとか重たいものと一緒に食べると、爽やか効果が倍増!

 

胃もたれしにくいという、うれしい効果も(笑)。

 

食わず嫌いな人もいるのでは?!

 

食べないなんて、もったいなさすぎるー!

 

ただの彩りにしちゃうなんて、残念すぎるー!

 

 

とはいえ、どうしても、あの独特の風味が苦手な人もいますよね。

 

何でも食べる、我が家の子どもたちでもパセリは苦手です・・・。

 

そんな方は、スープに散らすとか、みじん切りにしてフリットの衣に混ぜるとか、微量から慣れていくと良いと思います。

 

娘2人も、少しずつ慣れてきました♪

 

 

食べやすさを求めるなら、この食材

 

ケール、パセリと、ちょっとクセのある野菜ばかりを紹介してきました。

 

え?!そこまでして、ルテインを食べたくない?

 

ちょっと待ってー!

 

食べやすくても、ルテインが豊富な野菜もあるからー!

 

それは、日本人に親しまれて、給食でもよく登場する、ほうれん草です。

 

 

ほうれん草は、生でも、炒めても、茹でても、何でも美味しいですよね。

 

 

私がオススメの食べ方を紹介するまでもないほど、ほうれん草レシピはたくさんあります。

 

我が家の定番は胡麻和えとか、ベーコンとほうれん草炒めとか、おひたしとか・・・。

 

超簡単なものばかり。

 

ほうれん草って、すぐに火が通るから調理しやすいですよね♪

 

ぜひ、レパートリーを広げて、毎日美味しく食べてくださいね。

 

まとめ

1.ケールの苦みはクセになる!苦手な人は青汁を牛乳で割ってみて!

 

2.パセリはただの彩りじゃない!サラダに入れると、一気に爽やかな味わいに。

 

3.美味しく、手軽にルテインを摂取したいなら、ほうれん草!手に入りやすくて、いろんな食べ方ができる。

 

今回紹介した3つの野菜は、どれもルテインを豊富に含む、栄養価の高い食材です。

 

クセさえも美味しく感じられるようになると幸せ♪

 

ですが、独特の風味が苦手な人は、まずはほうれん草から。

 

ルテインをたっぷり含む食材を味方につけて、目だけじゃなく、心も身体も健康に導いていきましょう!