パソコンの目に優しい配色とは?知らないと絶対損する3つのポイント

パソコンを長い時間見るって、めちゃくちゃ疲れますよね。

 

小さい文字を目で追っていると、知らず知ら ずのうちに、顔がモニターに近づいていたり、猫背になっていたり。

 

目から始まる疲労が、頭痛とか、腰痛とか体中の不調の原因になってしまうことも。

 

 

私の場合、SEでバリバリ働いていたときには、朝8時ぐらいから終電間際までパソコンを見続けるなんてざらでした。

 

やらなきゃいけないことだらけなのに、だんだん目がかすむし、文字はぼやけてくるし、目が充血してくるし、痛くて涙が出てくるし・・・。

 

もう、さんざん!

 

健康のためにも、作業効率アップのためにも、目って、めちゃくちゃ大事です。

 

 

そこで、毎日激務続きだった私がやったことの1つがパソコンの配色を変えること!

 

自分に合う配色を見つけることは、できるビジネスマンにステップアップするために絶対必要!

 

 

「最近、目が疲れまくっていて、限界を感じる」

 

「ドライアイになっちゃって、パソコンを長時間見てられない」

 

目に悩みがある人必見です。

 

配色を工夫することで、目にも、自分にも優しく♪

 

ぜひ、チェックしてみて下さい。

 

明るすぎる画面は目を弱らせる

パソコンでも、スマホでも、明るすぎる画面を見続けることは目にとって大きな負担になります。

 

必要以上に明るすぎる画面を見続けることは、まぶしい太陽を見るようなもの。

 

目が疲れる大きな原因になります。

 

 

自分に合ったパソコンの配色を探す前に、まずは、モニターの明るさを調整してみましょう。

 

使っているパソコンのOSによって調整方法は違うと思いますが、1分以内に簡単にできます。

 

やり方が分からないときは、「パソコン 明るさ調整」なんかで調べてみると、やり方を丁寧に解説してくれているサイトに出会えます。

 

 

白くて、まぶしい光が苦手な人は、夜間モードを使うのもオススメです。

 

夜中に子どもが寝てから仕事をすることが多い私は、夜を中心に、夜間モードを使っています。

 

「寝る前のパソコンを控えなさい」なんて、よく見聞きする言葉だけれど、仕事が忙しいと、なかなかそうもいかないもんね・・・。

 

ほんわか優しい光は目の負担を減らすし、「寝るギリギリまでパソコンを見ていたから、なかなか寝付けない!」なんていうことも少なくなるから、絶対オススメ!

 

 

夜にパソコンやスマホを見る人は、ぜひ夜間モードも賢く使ってみて下さいね。

 

iPhoneを使っている人は、Night hiftをオンにすると、光度が下がった、ぬくもりのある色彩に変化します。

 

ワンクリックで簡単にできるので、ぜひぜひ試して見てくださいね。

 

背景を淡い色に変える

SE仲間を見ても、ネットの情報を見ても、目に良いと感じる配色って、ホント人それぞれ。

 

「背景が黒で、文字は白が最も目に良い配色」という情報を見て、早速試してみたものの、これが全く私には合わなかった・・・。

 

5分で目がチカチカ。

 

頭がクラクラして、全然集中できなくなっちゃったんです。

 

背景と文字のバランスって、ホント、めちゃくちゃ大事!

 

でも、誰かが発している情報をそのまま鵜呑みにしちゃうのはめちゃくちゃ危険です。

 

 

私は、100通りぐらい試してみた結果、背景は淡い色で、文字は黒が1番良い♪

 

白よりも、グレーとか、トーンは暗めの薄いグリーンとかだと、目が疲れにくいと思います。

 

wordでも、テキストエディタなんかでも背景の色を簡単に変えられるので、まずは10分試してみて。

 

微調整しながら、しっくりくる色を探すと良いと思います。

 

 

「今日は、特に目が疲れてるなー。」ってときには、背景をいつもより暗くしてみると良いかも。

 

体調とか、目の調子によっても、ベストな色って違ってくるんですよね。

 

 

いくつかのモニターを見ながら作業するときには、モニターの色彩を統一させるのも大事なポイント。

 

ぜひ、自分にとってのベストなバランスを見つけてみて下さいね。

 

デスクトップはグリーンに限る

女子力高めな同僚が、可愛いキャラクターとか、マカロンとか、とにかくCUTEな壁紙をデスクトップにしているのに、私はいつだって、グリーンがメインの自然風景です。

 

渋すぎる竹林にしていたときには、通りすがる人みんなに、「それはないでしょ!」って、突っ込まれてました(笑)。

 

女子力低めな壁紙は、モテ度は低いですが、目には優しい♪

 

 

ホントは、リアルなグリーンを見た方が目にも、心にも、体にも良いけれど、働いていたりすると、なかなか難しいもんね・・・。

 

自然風景を見ると、イヤなことがあっても、瞬間的に現実逃避もできます。

 

5分たったら、現実に戻りましょう(笑)。

 

 

好きなキャラクターや芸能人に癒されるのも良いけれど、目への優しさで選ぶなら、圧倒的にグリーンがオススメです

 

まとめ

1.目に優しい生活を目指すなら、パソコンとスマホの画面を暗くすることから始める。

 

2.背景は淡い色、文字は黒が絶対オススメ!

 

3.デスクトップは、可愛さよりも、目への優しさを重視。

 

超ハードワーカーだった私は、この3つの方法を取り入れることで、目への負担を軽くしていました。

 

長い時間パソコンと向き合っている人ほど、効果は絶大!

 

目も、身体も疲れにくくなりますよ♪

 

 

全部、お金をかけずに、すぐに、手軽に始められることばかり。

 

ぜひ、今日から試してみてくださいね。