ドライアイで仕事できない!困ったときの対処法厳選3選

ドライアイって、涙の量や質のバランスが崩れ、目の表面が乾いてしまう病気のこと。

目の表面に傷ができちゃうこともあって、めちゃくちゃ辛い!

 

私も、システムエンジニアだったときに、ドライアイになって、さんざんな想いをしました。

 

パソコンとかスマホを見ているだけでも痛いし、ひどいときには、目を開けていることさえ辛かったことも。

 

「ドライアイで仕事ができない!」なんて言ったら、「甘ったれるなー!」と上司から怒られちゃいそうだけど、悪化しちゃうと、ホント仕事どころじゃなくなっちゃいます。

 

これは、なった人にしか、きっと分からないですよね。

 

ドライアイのみなんさん、目が疲れますよね。

 

かすんで見えたり、赤くなったり、痛くなったり・・・。

 

仕事するのが、辛すぎますよね。

 

 

ドライアイの人って、頑張り屋さんの人が多いと思います。

 

一生懸命仕事をして、目を酷使した結果がドライアイ。

 

頑張りの勲章ではあるけれど、改善できた方が、仕事の効率が上がるし、肉体的にも精神的にも楽になります。

 

 

深刻なドライアイだった私ですが、目に良いと言われることをいろいろ試しみたところ、だいぶ良くなりました。

 

痛みもないし、乾きも感じにくくなったし、パソコンとかスマホを見るのが楽になったー。

 

目がよく見えるって、めちゃくちゃ大切ですよね。

 

目に良いと言われることって、いっぱいあるけど、結局何が正解?

 

今回は、私が効果を感じたものの中から3つに絞ってお伝えします。

 

プロの手にゆだねる

我が家は、旦那さんも私も夫婦そろってドライアイ。

 

私以上にドライアイで悩んでいる旦那さんに勧められたのが「アイデトックス」です。

 

これは、マッサージ専門店で、目元を集中的にほぐしてくれるサービスのこと。

 

これが、めちゃくちゃ気持ちが良くて、癒やし効果が抜群!

 

疲れ目に最高です。

 

 

秋限定だけど、5分540円からできるのが嬉しい。

 

プロの技を体感することによって、今までやっていた自己流マッサージも変わります

 

専門的な知識が無くても、「ここが目の周りのツボなのねー」ということが分かってくるから、自分で効果的なマッサージができるようになります。

 

気持ち良すぎて、頑張ってないと寝ちゃうんですけどね(笑)。

 

 

アイデトックスの施術を受けて、ドライアイには、血流を良くすることが大切だと実感!

 

血の流れが悪いと、悪いものも疲れもどんどん溜まっちゃう。

 

ドライアイもどんどん、どんどん進んじゃう。

 

マッサージをしたり、温めたりすることで、血流って変わります。

 

 

休みの日には、ぜひアイデトックスを。

 

そして、プロの技を盗んで、平日には自分で目の周りをほぐしちゃいましょう。

 

毎日の習慣にすることで、血流が良くなって、ドライアイの症状が改善してきますよ♪

 

食生活を変える

ドライアイのときって、目薬をさすと気持ちが良い。

 

私も、一時期、1時間おきぐらいに、こまめに目薬をさしていました。

 

でも、目薬って、根本的な解決にはならない気がしています。

 

さしたときは気持ちが良いけど、すぐに乾燥しちゃうし、目薬無しには生きていけなくなっちゃう。

 

 

目のケアは、外側じゃなく、内側からがオススメ!

 

私は、目の健康のために、ブルーベリーと青汁を身体の内側から取り入れることで、ドライアイが良くなりました。

 

ブルーベリーはスムージーにして、青汁は牛乳に溶かして飲むだけなので、めちゃくちゃ簡単♪

 

でも、これさえも面倒くさいときは、サプリメントを愛飲しています。

 

いつでも、どこでも、手軽に摂取できるのがサプリメントの良さ。

 

忙しい人こそ、内側からのケアが大切です。

 

目を休ませるというご褒美

(出典:http://hoshinoyakaruizawa.com/)

 

頑張りすぎているドライアイのみなさーん。

 

目を休ませるというご褒美を、自分にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

 

 

病院に行ったり、ネットを調べたりして、ドライアイには目の休養が大切!

 

耳にタコができるぐらい、聞いていますよね。

 

でも、日常の中で目を休ませるって、意外とめちゃくちゃ難しい。

 

仕事中はパソコンを見続けることが多いし、移動中はスキルアップとか勉強のためにスマホをチェックしたり、本を読んだりしてしまいがち。

 

目が休めるのって、眠っているときぐらいという人も少なくないのでは?

 

 

そこで、まずは移動の時間の過ごし方を変えることを提案!

 

情報のインプットを、目から耳に変えることで、目を休ませる時間を作ることができます

 

オーディオブックを聞いてもよし。

 

仕事に行くモチベーションを上げるために、音楽を聞いてもよし。

 

私の場合、往復2時間の通勤の過ごし方を変えたことも、ドライアイ改善に大きな効果がありました。

 

 

それでも、多忙で目を休ませる時間がないという人には、とっておきのご褒美をオススメします。

 

それは、星野リゾートの「脱デジタル滞在」。

 

星のや軽井沢とかで開催しているんだけど、滞在中は、デジタル機器をスタッフに預けちゃうんです。

 

自然の中に身を委ねて、ホントひたすら、ただたらリラックス。

 

目の疲れがとれることはもちろん、心も身体も元気になります。

 

自分でデジタル離れができない人は、強制的に脱デジタル!

 

「頑張りすぎなくてもよいのねー」

 

「テレビもスマホもパソコンも、ぜーんぶ無くても、生きていけるのねー」

 

考え方も変わります。

 

まとめ

1.プロの技術をセルフケアに活かす。

 

2.目のケアは、外側からよりも、内側からが大切!

 

3.目を休ませるというご褒美を自分にプレゼントする。

 

今回は、頑張りすぎているドライアイのみなさんのためのお役立ち情報をまとめました。

 

目への効果をうたっている商品はたくさんあるけれど、経験上、本当に効果があるものって実は少ない!

 

ご紹介した3つのことが、みなさんのドライアイ改善につながれば嬉しいです。

 

目指せ、脱デジタル!脱ドライアイ!